測量野帳1冊目終わる〜ほぼ1ヶ月で1冊の換算だね〜


アナログ回帰。

測量野帳を十何年ぶりかに使いだして1冊,使い終えた。

5月23日〜6月28日。

約1ヶ月で使い終わった感じ。

私のことなので,「今」だからこそのウキウキ感で使っての1ヶ月終了という可能性は高い。

もう数ヶ月,自分自身で様子を見よう。


使い終わりの整理の方法

使い終わったので,簡単に今後,二次利用できるように整理した。

以下の通り。

  • 表紙に番号と使い始め年月日と使い終わり年月日を書く

  • (後で書きたいが)nemonicという「ビジネス用スマートラベルプリンター」というのを随分前から所持して利用している。その用紙の大きさ(特に横幅)が測量野帳にピッタリのサイズ。

  • そこで,テンプレートを作成して,書き出した。番号(No.1)が手書きなのは愛嬌ね。印字する時,書き入れるの忘れてしまった。次回はちゃんとテキスト入力するようにしよう。

  • Scrapboxに主だった出来事のページの内容だけを記録する

  • ここでアナログとデジタルの連携をする。

  • 測量野帳は,使い始め,右上にページ数を書いておく(40ページある計算になる)。

  • で,全ページ記録するとなると私自身の負担になるので,パラパラめくって主だったページ,単なる雑記ではなく,いちおうまとめた形で記録しているページに関してはタイトル的な見出しを考えて,「ページ数」と「タイトル(見出し)」を書き入れておく。

  • こうすることで,検索可能になる。

予定では,測量野帳を使い終えるごとに,これをしていく感じです。

このくらいだったら負担はほぼ0。むしろ楽しい感じ。


一番の問題は,わたしが「飽きる」かどうかということ。




閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示