top of page

「子どもが主役の学習評価 (授業づくりネットワークNo.43)」発売


わたしが副理事長を務める「授業づくりネットワークNo.43」が発売になります。今号のテーマは「子供が主役の学習評価」。


「学び手中心」の授業になった場合,評価の考え方や視点も変わるはず。

各執筆者が様々な立場から評価について語ってくださっています。


わたしも久しぶりに執筆。

「目標と学習と評価が一体化した『学び合い』」

というタイトルで書かせてもらいました。


先日,学生に質問されました。


「阿部先生の言う,目標と学習と評価の一体化した『学び合い』と西川先生の言う『学び合い』の違いを知りたいです。」


あっ,学生はそう思っているのか……。

もしかしたら,世の中の人もそう思っているのかもしれないなぁ……。


次のように答えました。

「西川先生は違うとおっしゃるかもしれませんが,わたしが考え,実践している『学び合い』は西川先生が発信している『学び合い』と同じです。ただし,わたしが『学び合い』を実践していく中で這い回るだけで終わってしまっている『学び合い』を見ることがあるので,より授業目標を達成しやすくなるように,つまり,精度を高めようとして考え出したのが,目標と学習と評価の一体化した『学び合い』という考えです。」


今号の「授業づくりネットワーク」が「評価」に焦点を当てたテーマということで,久しぶりに「目標と学習と評価の一体化」と『学び合い』の関係について,書かせてもらいました。



この「目標と学習と評価の一体化」という考え方に興味ある方は,「成功する『学び合い』シリーズ」として8冊出版されています。興味ある分野,タイトルを手にしてみてください。



○目次

子どもが主役の学習評価

【巻頭対談】学習評価とは何か 田村学×西岡加名恵


特別寄稿1 学習評価の歴史―「形成的評価」の視点から― 田中耕治


パート1 評価を取り巻く課題のヒントを求めて

見取り、評価、評定の違いとは 石井英真

形成的評価への注目 鈴木秀幸

ICTによる新たな学びと学習評価 久世 均


自分の学びを舵取れる子どもを育てるために評価を活用しよう

―UDLの視点から― 川俣智路


座談会 評価をめぐる学校現場の実態

石川晋×全国の教員


特別寄稿2

「資質」「態度」「能力」という言葉の呪縛 本田由紀


パート2 子どもが主役の学習評価を実践する

子どもたちの振り返りを、教師はどう評価し活用していくか 椎谷由佳

コーチングと形成的評価 若松俊介

主体的・対話的で深い学びの授業の評価とは 松井香奈

妥当性と公開性で子どもも保護者も納得感のある評価を 山川晃史

けテぶれと評価~自己評価と相互評価~ 葛原祥太

目標と学習と評価が一体化した『学び合い』 阿部隆幸

単元・学期で評価する見方と実際~幼保の視点からの影響~ 田窪えり果

評価は教師からのメッセージ

〜「社会科ワークショップ」の視点から評価を考える〜 冨田明広

特別支援学級の「一生涯の幸せ」を起点にした学習評価の一考察 深山智美

学習者の学びに寄り添うICTの活用 渡辺光輝

次にいかすためのフィードバック

〜自己評価から自己改善へのプロセスを促す〜 秋吉梨恵子

「6Cs」の観点で評価を見直す 片岡利允


パート3 評価を考えるための本

小島章子×藤倉稔×西村弦×上野由紀子


誌上レポート

通知表をやめた公立小学校の挑戦

〜神奈川県茅ヶ崎市立香川小学校 山田剛輔学級~ 佐内信之


























閲覧数:122回0件のコメント

Comments


bottom of page