top of page

OneNoteがわたしの嗜好と合っているところ


OneNoteがわたしの嗜好と合っているところを書いておく。


無限キャンバス

よくあるノートアプリなどと異なり,基本的に一画面に区切りがない。

どんどん画面を広げて書いていくことができる。

広げていった画面を一画面で見ることもできる(もちろん,その分,そこに書き込まれた文字などのデータは小さく表示される)。

いちいち,1ページに収めようとか,次のページへ行ったり来たりとか,しなくてよいのが心地よい。

iPadmini6のような小さな画面で「無限キャンバス」が使えることは小さな画面の奥にどんどん広いキャンバスがあるということであり,精神的によい。


テキストと手書き,そして他のコンテンツの混合(自由に位置配置ができる)

「テキスト中心のアプリで手書きもできる」のでもなく「手書き中心のアプリでテキスト入力もできる」のでもなく,「テキスト入力も手書き入力も同じ程度にできる(ややテキスト入力よりかな)」のがわたしの嗜好と合っている。

iPadminiでは手書きもいろいろと使っていこうとは思っているが,デジタル志向のわたしにとってテキスト入力が心地よいのは事実。

普段は,(特にPCでは)OneNoteにテキストで入力しておき,iPadminiで読み書きするときは(主に)手書き入力する……という感じで使えればいい感じで使えそうと考えた。

OneNoteはテキストも,手書きも,映像も,画像も,音声もpdfも一般ファイルも……,自分の好みの場所に配置できるのがよい。

自由レイアウトなのだ。


テキスト入力の感覚

これこそ,わたしの独特の感覚というか,掻き癖なのだろうが,多くの方にウケの良い「GoodNotes5」でペン入力をしていて,ちょっとした違和感がある。ペーパーライクフィルムを貼っているので,めちゃくちゃな違和感はなくなったものの,紙に書いているような気持ちよさは感じない。

しかし,同じiPadmini6にもかかわらず,OneNoteで手書きをするとなんかいい感覚になる。書いていて楽しい感じになる。

「あっ,これいいな」

と感じた。

(ちなみに,多くの方の反応は逆でOneNoteに比べて圧倒的にGoodNotes5のほうが書き味や書き心地はよいらしい)


そんなこんなで,使い続けてみる。



閲覧数:99回0件のコメント