阿部ゼミ第1期修了生が代休を利用して研究室を訪ねに来てくれた\(^o^)/


昼近く,研究室をトントンとノックする音。

「はい。どうぞ。」

ドアを開いたのは,あやや懐かしい!阿部ゼミ最初の修了生のKさん。

最初,すぐにはわかりませんでした。

あれれ?今,いつだっけ?えっとどうして今目の前に彼がいるんだっけ……と(苦笑)。

あれ?今日(月曜日),平日だよなぁ〜と。


話を聞くと,土曜日に授業参観があったらしくその代休。今日,何して過ごそうかと考えた時,ここに来てみようと考えてくれたそう。


なんだかうれしい。


いろいろと話を伺ったけど,一番の中心は今年4月に異動したということ。

考えてみれば,阿部ゼミ(大学院生)の最初の修了は2019年3月。

つまり,2019年4月から学卒院生は教壇に立っています。

そう考えると,2022年度というのは,2019年度に新卒で現場に立った場合,3年が経過し,新しい学校への異動というのがほとんどなわけですね。


教師として新たなステージに進むところです。

新任ではなく,頼りになる若手教師としての2校目。

職場からも,地域からも子どもたちからも期待されつつ,やりたいことをどんどんやれる(やっていこうと思う)ステージに立つわけだと改めて,感じました。


新任からの3年,いろんな人にいろんなことが起きたんだろうなぁ。

幸いなことに(と勝手に想像しますが),本日訪ねてきてくれた彼は,大学院生だった頃と変わりなく,とても爽やかで,元気で,ほがらかでした。


彼の不断の努力,そしてキャラクター等々もあるだろうし,周囲の環境もいい感じだったのだと思います。

人生,「運」という要素は多分に大きいと思うけど,「引き寄せの法則」ではありませんが,本人がかも出しだす「空気感」が人を引き寄せたり,離してしまったりということが多分にあるのも実感します。

彼の「運」はわかりません。しかし,彼の様子はまわりを幸せにする要素満載です。


異動して以前の勤務場所よりも近くなり,会いやすくなったという話を聞きました。

今後,阿部ゼミに「直接会いに行ける現職先輩」ということで,今まで以上に連絡を取り合い,現場のリアルを教えてもらおうと考えています。


これからもよろしくです。







閲覧数:61回0件のコメント