映画感想「トップガンマーヴェリック」



2作目(本作)のために1作目があったのではないかと錯覚するほどでした

息子が福島でもう見てしまったというので,それを確認してから昨夜,ナイトショーで上越で一人で見ました。

息子とは映画仲間で,できるだけ一緒に見るようにしているか,もし,別々に見たとしても互いに感想を交換するようにしています。

この「トップガン」も,できれば一緒に見たいねといっていたけどちょっと無理。

でも,復習(あれこの場合は予習になるのかな?)として1作目をGW中に一緒にAmazonnPrimeビデオで見て,気持ちを上げてました。


いやぁ,おもしろかった。

息子と一緒に見てきた妻がSNSに書いていたけど,「これぞ大作大衆エイガ〜!!」という感じがしました。

36年ぶりの続編ですよね。

続編って,「あの映画の続編」ということが話題の中心であって,懐かしさや1作目のつながりとかが話題になって作品そのもののできって,そんなでもなくなるじゃないですか。


この作品は単体としてもめちゃくちゃ面白いです。

でもやっぱり,1作目のグースの息子との関わりとか,若かりし頃のマーヴェリックとアイスマンとの関係が目の前の若者とかに投影されるとかがあって1作目をしっかり復習してきた人にとっては数倍おもしろくなるようになってます。


36年前に1作目を作ったときは,まさか,36年後に2作目が作られるとは思っていなかったろうけど(映画のラストに,トニー・スコットを偲ぶと書いてあって監督へのリスペクトが感じられました),これだけ満足度が高いと,2作目はこのときに作られるように最初から計画されていたのではないかと思ってしまうほどですね。


YouTubeをぼんやり見ていたら,第1作目のトップガンに出演していた俳優さんたちが36年後の今,どんな姿格好をしているかという,よくある比較映像が出てました。

36年も経つんだから,みな,それなりにいいおっさん,おばさんになっていて当然なんですけど,トム・クルーズだけ,別格にかっこいいのに驚きました。

すごいなぁ。


来年は,ミッション・インポッシブルがあるんでしょ。

超人かっ!

ってツッコミたくなります。

わたしも,気持ちだけでも若々しくありたいと思います。




閲覧数:116回0件のコメント

最新記事

すべて表示