top of page

帰省に大雪を避けたい……そうだ,わたしには上信越道があった♡


本日(2022/12/23),本日の全ての授業を終えた夕方,18時。

全国的な大雪に向けた注意が呼びかけられる中,どうしても福島に帰りたい,帰らねばならないわたしはこれからどうしようかと考えた。


この日の18時。上越は全く雪の降る気配がなかった。

しかし,先週(2022/12/18)に(この日も,上越はそんなに降ったわけではないが),柏崎を中心に西会津あたりが大雪で大変だったことが記憶に鮮明に残っている私は,メディアでは12/18以上の注意が必要のような指摘からウームと考え続けていた。


帰るのに使うのは,電気自動車(リーフ)なんだよね。

先週,妻がリーフで上越に来て,大雪の中,帰る時,キャンピングカー(ハイエース)で福島に帰った。この判断は結果的に大正解で,妻は新潟県安田ICから高速道を降ろされ福島県の猪苗代ICまで一般道を使って帰り,そしてやっと高速道に乗れた。

この時,リーフで帰っていたら,途中,電気がなくなり大変なことになっていたであろう。


そんな中,本日,NEXCO東日本から磐越道を通行止めにする可能性が大きいという通知がHP上に出る。うーん,ますます悩む。


そこで,気づいた。

あっ,そうだ。

わたしには上信越道があった!


一般に上信越道は,雪そして凍結が大変で,冬は途中,チェーン規制(チェーンを付けなければ走れない)があるなど,過酷な高速道として知られている。

が,なぜか,今年は今のところ,雪が降るときにこの上信越道の箇所を雪が避けてくれている。


今回も降らないままでいてくれるかどうかわからない。

しかし,予報を見るに,たぶん……大丈夫。

そして,長野市内まで抜けてしまえば,あとは群馬,栃木,福島……と雪は一切ないであろう。

帰り道は,たぶん,普段帰っている時(4時間)にプラス1時間から2時間。

電気自動車でも安全に帰れるはず。


結果,無事帰れた。\(^o^)/。

下の写真は妙高SA。ここで最初の充電をする。

大雪,凍結のときはここはチェーン規制区間になる。そこで「雪無し」。

安心である。


ということでなんとか夜中に福島に帰り着いた。

よかったよかった。







閲覧数:120回0件のコメント