top of page

キャンプ気分に浸れるRVパーク@RVパーク 『IMORI CAMPSITE』~芭蕉苑~


上越市のネット広報に、新しいRVパークの紹介を見つけました。


「RVパーク 『IMORI CAMPSITE』~芭蕉苑~」です。


ここは、わたしが気分転換を兼ねて数週間に一度訪ねている「妙高高原ビジターセンター」のすぐ近く(というか、通り道)にあります。

妙高市の観光地の一つ「いもり池」に面していて、昨年までは、「そばの食べ放題」ができる場所として賑わっていた記憶があります。

その経営者が代わり、それによって、サービス内容も変わったようです。

お店の雰囲気も変わり、RVパーク以外に、キャンプ場も始めたということでした。

また、今、注目の「サウナ」サービスも始めたようです。


手頃な料金だったので、早速行くことにしました。

13:00チェックインということで、いつも通り「妙高高原ビジターセンター」へ行き、アイスコーヒーを飲みながら景色を楽しみます。

なんだか、どこかのホテルのロビーにいる感じでしょう(笑)。

ここ、無料休憩所。

とってもリラックスできます。

ふだんはここで、ぼうっとして帰ってくるということをしているのですが、本日は13:00になったら目的の場所へ。

いい感じでしょ。

中心に「芭蕉苑」という建物があって、その中に「そば」を中心とした食事ができるようになっています。ガレットとかサンドイッチもあります。もちろん、飲料水もアルコールも!

ですので、「寝られる」ようにさえしてくれば、特に何も必要ありません。ただし、お店は基本18:00で終了なので、その後の過ごし方を考えてなにかしら買っておく必要があるかもしれません。

RVパークやキャンプ場を使う人のために24時間使えるトイレがあります。

お風呂はですね、RVパーク的には、(たぶん経営母体の)自動車で7分程度移動する「赤倉温泉ホテル太閤」をおすすめしています。ちょっとした割引もあるようです。


しかし、わたしとしてはここから歩いて5分の「LIME RESORT MYOKO」の日帰り温泉サービスをおすすめします。

ここは、何度も書いている「妙高高原ビジターセンター」の目の前です。ホテルや温泉が行っている「日帰り温泉サービス」は短時間というイメージが(わたしには)ありますが、ここは基本13:00〜21:00まで日帰り温泉サービスを行っているらしく(要確認)、夕方、または夜にお世話になることができるのもいいですね。

わたしは、18:00頃に行きました。

「はい、大丈夫ですよ」

と笑顔で対応していただきました。

たぶん、このホテルの夕食時と重なったのでしょう。

1時間ほど入浴していたのですが、わたしがお風呂を独りで独占してました。


この「歩いてお風呂」に行けるというのはとても重要で……笑。

昼時に(お風呂前に)、アルコールが飲めるということです。

このRVパークには「Cafe&Bar」も併設されており、週末は20:00まで営業してくれてます。早速、クラフトビールをいただきました。

その時々で、いろんなところからクラフトビールを入荷しているらしく、わたしがいたときは野沢温泉のクラフトビールだということでした。

クラフトビールだからこそ、いろんな味があって、当たり外れも大きいと思いますが、基本、「爽やか」な味が多いのでわたしは好きです。

クラフトビール、はまってます。

ヴァイツェン、ピルスナーあたりのフルーティで口元さわやか〜という感じのビールは、冷えていると最高に美味しいですね。


といいながら、夜はこんな感じ。

上の文章と矛盾してますが……汗、とはいっても車中泊するということは、つまるところ「手軽に」でも「低料金」で「そこだからこそ」の体験ができるといいなと思っているわけです。

一人での車中泊だからなおさらです。

見栄をはることもないわけで、自分だけがいかに楽しめるかですからね。

RVパークのお店ですべてを賄ってしまうと、それなりに、出費がかさむなぁと思い、チェックイン後、7分程度かけてセブンイレブンがある大通りまでもどりました。

そこで、ちょっとした買い物。つまり、ここは「手軽に」と「低料金」(コンビニだから低料金と言うほど低料金ではありませんが、RVパークのショップで買うよりは低料金)


戻る途中に、妙高のクラフトビールを購入。今回は、「ALPEN BLICK Pale Ale」。(ピルスナーを購入したつもりが、いざ飲もうと思ったらエールを買っていたことに気づきました……涙。でも、おいしかったからいいか)。ここで「そこだからこそ」、つまり妙高だからこその味を入手。


主食に、RVパークの「芭蕉苑」で「トマトとベーコンのサンドイッチ」パンがバゲットだからかな、美味しかったです。こちらも、RVパークならではのものを味わっておこうと思っての一品でした。


いずれも、昼過ぎに購入しておいたのですが、すべて車内にある冷蔵庫で冷やしておいたので、どれも「新鮮」味バッチリ!!

特に、ビールが冷えててよかったですわ。


もともと、インドアな人間なので、RVパークにいても、本を読んだり、Audibleを聴いたり、YouTube見たり、Amazonプライムビデオで映画を見たりで過ごすわけなんですけど……笑、自然の中で、キャンピングカーの中で、そういうことをするだけでも、またまた気分が異なるといいますか、リフレッシュするんですよね。


次は「赤倉温泉ホテル太閤」にも、RVパークがあるようなので、そちらで体験してみようか……と画策中。


よき、週末でした。




閲覧数:206回0件のコメント

Comments


bottom of page